野の草花で作るドライフラワー

ミツバチの蜜源の一つあざみをドライフラワーにしてみた

更新日:

日本ミツバチの蜜源の一つになっているだろうと思われる「あざみ」が、ハーブに紛れてたくさん咲いています。むらさき色していて、葉には小さなトゲがあるので触るととてもチクチクします。人によっては好みが分かれる花かもしれません。この写真はミツバチの中でもマルハナバチという種類の蜂ですが、一生懸命あざみから蜜を採っていますね。

ミツバチ好きの私は、最近どうしても花を見つけると「これは蜜が採れる花なのか」という目で見てしまいます。そんな風に花を見る人は滅多にいませんよね。それと、もう一つ、私の変わった習慣で「この花はドライフラワーにできるのかな?」という目でも見てしまうんです。

ミツバチの蜜源の一つ、あざみをドライフラワー用に摘み取る

もともと花の栽培が大好きで、その花を愛でるだけではなく少しでも長く楽しめないかという流れでドライフラワーにたどり着いたんです。ドライフラワー作りというと、花を摘んだりいただいた花束を逆さにぶら下げて自然乾燥させる作り方が一般的だと思いますが、私が今ハマって挑戦しているのは「シリカゲル乾燥剤」によるドライフラワー作りなんです。シリカゲル乾燥剤はいわゆるお菓子の袋に入っている乾燥剤の中身なんですが、今はドライフラワー用に市販されているんです。

このシリカゲル乾燥剤を使うと、大抵の花がドライフラワーにできるのと、その花の質感や色彩をかなり維持した綺麗なドライフラワーが出来上がるのです。ドライフラワー作りにプロがいらっしゃるかどうかわかりませんが、いわゆるプロが作ったような仕上がりになるのでハマってしまうのです。

で、今回養蜂箱の近くに咲くあざみを目にして、ちょっとドライフラワーにしてみようと思い立ったわけです。ミツバチのみんなには悪いですが、少しだけ分けてもらうことにしました。

あざみには数十の種類があって、このあざみの正式名称はわからないのですが、まああざみはあざですね(笑)。早速摘んで自宅に持ち帰ることにします。やっぱり摘む時に、葉っぱの小さなトゲでチクチクして痛かったです(涙)

摘み取ったあざみをドライフラワーにしてみる

摘み取ったあざみを、ドライフラワー用のシリカゲルに埋めてみました。大体1週間から2週間という速さで出来上がります。ちょっと水分が多そうな花なら3週間ぐらいかけたほうがいいかもしれません。

ここでは、1週間ドライフラワー用シリカゲル乾燥剤に埋めていたあざみを取り出してみたところをご覧いただきますね。

この中にあざみが埋まっています。水分を吸収したシリカゲルは青い色から白へと変化します。あっ、でも後でフライパンなどで加熱すると再び青くなり何度でも再利用できて、とてもコストパフォーマンスいいですよ。

掘り出してみるとこんな感じです。掘り出す時に、あざみの葉には注意してください。ドライフラワーにしてもトゲは健在で、生花の時と同じようにチクって手に刺さります。最初から葉は摘み取っておいたほうが無難でしょう。小さな子供だったらこのトゲが刺さっただけで泣き出すかもしれません。

で、トゲに注意しながらあざみに付いたシリカゲルを払って綺麗にすると、まるでさっきまで咲いていたんじゃないかと思うぐらい紫の色彩は鮮やかに残り、花びら一本一本も綺麗にドライに仕上がっています。これからしばらく(1年以上は大丈夫)はこの状態で花を楽しむことができるんですよ。それがドライフラワーの醍醐味というか魅力です。ミツバチには申し訳ないことしましたが・・・・。

ちなみに、今の季節(7月)だと、紫陽花や千日紅もとても綺麗なドライフラワーにできて楽しいですよ。

まとめ

いかがでしたか、今回は花の話の繋がりで少しミツバチにも触れてみました。花とミツバチは切っても切り離せない関係ですからね。花はミツバチがいなければ受粉ができなくて種を残すことができません。ミツバチも花がなければ蜜や花粉を集めることができません。お互いに助け合って共生関係にあるわけです。人間は、花を摘んで愛でるだけで花に対して何か恵を与えているでしょうか?そうですね、花の種を植え、苗を植え、毎年綺麗な花を咲かせるのは人間にしかできないことでしょう。そのお裾分けでドライフラワー作りを楽しませてもらうわけです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-野の草花で作るドライフラワー

Copyright© 花の栽培から楽しむドライフラワー作り , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.